「ザ・コピーライティング 心の琴線に触れる言葉の法則 ジョン・ケープルズ」を読書して要約してみた

2021年7月20日 7点

読書要約

この本を読んで、見出しを上手くなる。だから、見出しの部分だけ読む。見出しに絞って勉強する。

効果的な見出しの5つの特徴

・得になる
・新情報
・好奇心を掻き立てる
・手っ取り早く簡単な方法
・信頼性

見出しを書くときに注意するポイント

・言いたいことをはっきり伝える。
・読み手の目線に合わせる。
・わかりやすい、単刀直入な表現。
・手っ取り早く簡単にできると伝える。
・新情報で気を引く。(例、お知らせ・号外)
・注意を集める。
・ターゲットを絞る。
・具体的な数字で信頼を得る。(5日ください。ひと晩で。)
・暗い面、マイナス面を想像させるのは避ける。明るい面、プラス面から見て書く。

見出しの型

・新情報(ご紹介、発表、新、いま、さあ、ついに、とうとう、いよいよ、ニュース風)をメインにする。
・割引価格をメインにする。
・特価品をメインにする。
・支払いの簡単さをメインにする。
・無料提供をメインにする。
・役に立つ情報を提供する。
・エピソードを伝える。
・〇〇する方法
・「どうやって、このように、どうして」
・理由、わけ、なぜを入れる。
・どれ、どのを入れる。
・求む!を入れる。
・仮定(もし〜なら、もし〜しても)を入れる。
・〇〇(←ターゲットを入れる。)へのアドバイス
・読み手を試す質問をする。
・広告主から相手に直接語りかける。
・特定の個人やグループに呼びかける。
・見出しを質問形式にする。・ベネフィットを事実と数字で伝える。

見出しを書くヒント

・購買する理由を短い言葉で表現する。
・短くすることを意識するより、言いたいことを伝える方が重要。
・生気のない見出しを書かない。
・お利口すぎる見出しを避ける。「うまい!」という言葉遊びはいらない。
・中の文章に役立つ情報があることを見出しで伝える。
・お客が頭を1ミリも使わないでいいようにする。
・ただ事実を伝えるだけの見出しは効果がない。
・ロゴや写真でビジュアルを使う。

見出しの全ての文字を同じ大きさにするのではなく、強調したい部分を太字にする。このとき、強調する言葉はそれだけで意味を成す部分にする。

タイトルとURLをコピーしました