「希望のつくり方 玄田有史」を読んで要約してみた

2020年11月16日 4点

今の日本社会は不安を煽る言葉を言うから希望を持てなくなりニートになる人が多い。
ニートの人は希望が持てていない。そんな時に「大丈夫、心配ないよ、安心して」と言ってあげられることが大切。
若い世代で希望を持てていない人に対しては、一般論ではなく、具体的で正確な情報を与える。
未来の希望や目標を模索中の人に対して「頑張れ」は使ってはいけない。
厳しい状況に生きる人達がともに行動を進めていくことで、新たな希望をつくり出す。
希望は現状の厳しさを認めた上で、より良い未来が待っていると信じられるような変化が期待できるときに育まれていくものである。

現代社会は遠い将来にある大きな希望ではなく、近くにある小さな希望を求めるようになる。大きな希望を持てなくなっている背景には、社会の孤独化がある。
自分と異なる環境に居て異なる情報を持っている友達が多いほど、希望を持てている人が多い。だから、弱くても良いからそういう繋がりを広げることが重要。

希望は希にしかかなわない望み。希望の多くは失望に変わる。しかし、失望は無駄にならない。
過去に挫折を経験した人ほど希望を持っている。過去の挫折の意味を自分の言葉で語れる人ほど未来の希望を持つことができる。
挫折を経験している最中は苦しいけど、その経験から目を背けず何かを学び続けることが希望に繋がる。
無駄な努力を厭わない人の方が、実現見通しのある希望を持っている。現代社会は効率の名のもとに必要な無駄まで排除した結果、希望を失ってしまった。
目先の損得勘定で無駄とか判断するな。何が無駄で何が無駄でないとか誰にも決められない。やってみたら思いがけないチャンスが生まれる。

成熟が進む社会では、国民の希望は多様化しているため、そのすべてに政治家が応えることは不可能。
現代の政治の最大の役割は希望を語ることではなく、未来に起こるかもしれない絶望を避けること。
そして、その努力に結果、絶望が回避されたとして、そこの待っているのは「つまらない」日常。
一般市民に求められるのは英知と努力で絶望を回避して「つまらない」日常をもたらしてくれる人に対する想像力。
そして、一人ひとりが自分もそうなりたいと思える社会こそ、本当の希望ある社会である。

☆希望は与えられるものではなく、自分(自分たち)でつくり出すもの。

出会いが無い方へ

1日5分。これだけくれれば、あなたを理想の恋人に出会わせてみせます。

今、彼氏彼女がいないあなた、原因に気づいていますか?

実は、原因は大事なチャンスを逃しているからなんです。
というのも、「出会いが無い」と言っている人も、異性には会っているからです。ただ、そのチャンスをものにできていないだけの事なんです。

では、どうすればいいのか?それは、外見を整えましょう。
例えば、太ってたり、ハゲていたり、ニキビがあったり、には気を付けましょう。
その中でも、ニキビは特にすぐに直せるようになってきているのでおすすめです。

このORBISという会社は、化粧品・栄養補助食品の大手通信販売店です。

くり返しのニキビを防ぎ、3種理の和漢成分配合で「ニキビ・赤み・肌荒れ」にも効きます。

今なら、送料も無料で安く手に入るので、1度お試ししてみてはいかがでしょうか?

少しスクロールしたところの「ご購入はこちら」のボタンからどうぞ!

ORBIS公式ホームページのリンクをこちらに貼っておきます。

 

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました