「大学時代にしなければならない50のこと 中谷彰宏」を読書して要約してみた

2021年4月14日 7点

読書要約

1、コイツは凄いという人に出会うこと

誰でもいい。出会えさえすれば、あとは自然に決まってくる。

 

2、このままではヤバイ、と感じることを体験すること

自分の中からエネルギーが湧いてくるきっかけになる。

 

3、波動を感じる講義を受けること

話の内容よりも話している人の波動を感じる。

 

4、単位に関係なく、もぐってでも聴く講義があること

単位ではなく、エッセンスを吸収するために、心の師の授業を受ける。

 

5、代返してくれる仲間がいること

講義は親が金を出してくれている。でも、講義を聞くのは単位のためでもお金のためでもない。時間を1番大切にすること。

 

6、習い事をすること

1つ自分が本気で打ち込むものを見つける。結局、独学にはかなわない。熱量に差がある。

 

7、どんなに飲んで帰っても、とりあえず机に向かうこと

師匠から学ぶものは、勉強の中身ではなく、勉強への覚悟である。勉強の仕方、覚悟を学ぶ。勉強は一生するもの。覚悟を持って続けていけるような姿勢を身につけておく。

 

8、受験時代のように、学習計画表を作ること

緊張感がなくなったら、顔がバカになる。危機感がないと、吸収できるものは少ない。

9、目の前だと緊張して何も話せないような人に出会うこと

緊張して、何も話せない人に会った時、最も多くのものを吸収する。

 

10、受験時代より、勉強すること

机に向かって、勉強する覚悟を身につけておく。そうすれば、社会に出てからもいくらでも勉強できる。

 

11、嫌いな勉強はしないこと

勉強は自分のためにするもの。嫌々でやるぐらいなら、時間ももったいないし吸収できないからしない方がいい。

 

12、自分が本当に勉強が好きか、冷静に考えること

勉強は義務ではなく権利である。自分がしたいことをする。自分のためを思うなら、時間の使い方を考える。

 

13、学校以外で勉強する場所をつくること

実は、嫌いだったものは、勉強ではなく、先生や学校の制度だった。

 

14、解答のついていない問題集を持つこと

これからの勉強には試験範囲も正解もないことに、大学生のうちに気づく。答えを覚える勉強は役に立たない。

 

15、自分だけの辞書を作ること

世の中の常識にとらわれない広い考え方を持つ。

 

16、明らかにムダだと思えることをすること

したことは一生無駄にならない。社会は本を読んで勉強するより厳しい。今やっている勉強を始めやめないで続ける。

 

17、好きなものは、量をこなすこと

天才になるコツは質より量に徹する。ピカソは8万点の絵がある。80年間で8万点。1年で1000枚。1日3枚。天才ですらこれだけの量をやっている。量がなければ才能があるあっても天才になれない。

 

18、卒業するまでにやりたいことを見つけること

アメリカではやりたいことを決めて大学にはいる。日本は逆。みんな寝ぼけてる。モラトリアムとは問題の先送りでしかない。アメリカはみんな夢に目覚めてるから夢を実現するのは大変だが、日本はちょっと気づけば抜きんでることができる。

 

19、自分で学習すること

アメリカの大学はやることが多い。やれと言われるから全員強くなる。日本の大学は独学には最適の場所。天才と凡才の差が開く。

 

20、実践だけでなく、セオリーを学ぶこと

遠周りのように思えても、後に非常に役に立つ勉強がある。将来のことを考えるなら、後で大きく役に立つものについて勉強する。

 

21、量をこなすノルマを決めること

何かに没頭して投資し続けなければ、大きな成果は得られない。

 

22、勉強熱心な留学生の友達を持つこと

ノルマをこなすのは結局覚悟で決まる。

 

23、自分の専門分野の古典を学ぶこと

どんなに楽しそうなことでも、ひとたび仕事にすると楽なものは一つもない。

 

24、趣味ではなく専門だと言いきれる分野を持つこと

知らないことだらけだと分かれば、勉強が進んだ証拠。知っている自慢をしているうちはまだまだ。

 

25、自分だけの地図を作ること

自分の趣味にとことん没頭して、自分の世界を作る。

 

26、賢く単位を取ること

講義に出ることが勉強ではない。講義に出ているだけで勉強している気になっているのは錯覚。時間を上手く使う。

 

27、資料をどこに行けば手に入れられるか知ること

ノルマを決める時に根拠はいらない。考えれば色々方法はある。

 

28、先生の手伝いをすること

効率の悪い勉強には、効率のいい勉強では得られないものが学べる。効率をとると、捨ててしまう何かがある。

29、コレクションすること

整理できないままに知識を詰め込む。頭をグチャグチャにして混乱させる。まず知識を集めていると、いつか綺麗な形になる。

 

30、何回も繰り返して感じること

記録して覚えることとは別に、記録には残っていないけれども、感性で本能的に覚えている。それがあるとき、ふっと沸き起こって化学反応を起こす。

 

31、運動以外で人生で使う体力を付けること

体を痛めつけると、強くなる。

 

32、環境に応じて、時間を管理すること

自分の予定中心ではなく、周りの予定を中心にしてスケジュールを決める。スケジュール管理力は時間を大切にする心でもあり、臨機応変に頭を切り替える力でもある。

 

33、自分の目で見たものだけを評価すること

人それぞれ感じ方が違う。直接自分の目で確かめたもの以外は、コメントしないという生きる姿勢を身につける。

 

34、繰り返して楽しむことができるものに出会うこと

食わず嫌いリストを作り、消していく。自分が好きだと思えるものに出会うために、たくさんのことをする。

 

35、アルバイトをやめること

両親はアルバイトをさせるために大学に行かしているのではない。勉強や経験をするため。大人になったら嫌でも働く。アルバイトは時間が非常にもったいない。

 

36、親のすねをかじること

大学生は時間があってお金が無い。なので、お金を親にもらって、時間を有意義に使う。子どもを喜ばせるのは難しいが、親を喜ばせるのは簡単。

 

37、たくさんお金を使うこと

今ちょこちょこ貯金していてもダメ。たかが知れてる。それなら、自分が一生食っていけるようになるものに投資する。

 

38、子どもの頃からのアルバムを整理すること

自分が気づけていない好きなものを知る。それが夢の第1段階になる。

 

39、親不孝をすること

自分のやりたいことを決めて他の道を捨てる。それが夢の第2段階。

 

40、感動すること

自分の考えが覆されるような体験をする。こうなれば、揺るがない確固たる意志となる。それが夢の第3段階。

 

41、それ以外何もしないという合宿を自宅ですること

揺るぎない夢を持つ決心を固めるためには、曲がりくねることが大切。そのためには、興奮を持続させるような体験をすることが重要。

 

42、打ちのめされる本に出会うこと

分かったつもりでいたことが分かっていなかったと分かった時、夢に手が届く。

 

43、1日1個なんでもいいから続けること

積み上げることは大きな財産になる。

 

44、講義を聞きながら、本を読めるように訓練すること

本を読みながらでも、人の話は聞ける。

目と耳とで使う頭の回路が違うから人間やろうと思えばできる。

45、90分で10冊読めるように訓練すること

読む速さと理解力は関係ない。集中していればかなり速いスピードになる。本は集中して読むのが、一番頭に入る。

 

46、本を読んだら、自分の思うがままに線を引くこと

線は自分が読んで感動した印。次読み返した時の自分と比べられる。

 

47、友達は一人しかいないと言える友達を持つこと

友達の数と付き合いの長さは反比例する。大学時代は、友達をたくさん作るより、たくさん動く。

 

48、行方不明になれる場所を持つこと

一人の時間を持たないと、成長しない。大学時代は、一人になれる最後のチャンス。孤独が、最大の教師。

 

49、誰とも会わず、一言も話さない日を週に1日持つこと

開かずの間に閉じ込められるぐらい、一人になる空間を作る。閉じ込められた時に初めて、世界の広さを知る。

 

50、国内の一人旅をすること

外面的な世界と、内面的な世界では、圧倒的に内面的な世界の方が広い。海外旅行に行くより、自分と向き合う内面旅行をする。そのためには、一人になる時間を持つこと。

 

就職のための大学生活などはない。

自分の夢の実現のための大学生活である。

話のネタが欲しい方へ

このごろ、話のネタになるような面白いことはありましたか?
コロナですので、あまり思いつきませんよね。飲み会や友達と会う機会も少ないですし、リモートワークやオンライン授業ですし。

そんな今だからこそ、たまに会うときの話でどれだけ盛り上げられるかが大切になります。

そこで、外国人の方とおしゃべりしてみませんか?(笑)

僕も30分ほど無料体験をやったんですけど、意外と英語が喋れなくても楽しめました(笑)

こちらに公式ホームページを載せておきます。

無料で、日本語も話せる外国人の方と話すことができる機会は貴重だと思うので、ぜひお試しください!

 

では、最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました